引き出物はカタログギフトが主流

結婚式の引出物はカタログギフトがおすすめ

結婚式での楽しみの1つと言えば、引出物ではないでしょうか。新郎新婦がゲストへのお礼として贈る引出物ですが、中にはゲストに喜ばれない物もあります。例えば重たい食器類は持って帰るのが大変で、置き場にも困ると不人気です。名前入りのグッズなども使い道に困り、処分しようにもしづらいですよね。

そこでおすすめの引出物がカタログギフトです。最近では品物ではなくカタログギフトを贈る方が増えてきています。贈る側は、一人ひとりに何を贈ろうと悩まなくていいので、ギフト選びの時間を短縮出来ます。受け取る側は重たくもないし、自分で欲しい物をカタログの中から選ぶことが出来るので喜ばれます。

またカタログギフトは値段によって中身も違い、予算に合わせて簡単に選ぶことが出来るので悩まなくていいのです。そして年齢を問わず欲しいと思える品物が載っているというメリットがあります。

最近では自宅に後日カタログギフトを配送してもらえるというシステムもあり、当日は引き菓子だけで二次会に行く方など引出物を持ち歩かなくてすむのでゲストの方から喜ばれています。

1つ注意しておかなければならないのが、カタログギフトはシステム料がかかるので掲載されている品物は購入価格より安い物となります。ゲストに合わせて失礼とならないよう選ぶ際は気を付けて下さいね。

カタログギフトが増加している理由

近年は、あらゆる場面でカタログギフトが活躍しています。ひと昔前の結婚式の引き出物といえば、かさばって量が多い方が見栄えが良いイメージがありましたが、近年はカタログギフトも多く利用されるようになりました。

一長一短はありますが、長所の方から述べます。贈る側にとっては引き出物を選ぶのに悩む必要がなく、受け取る側の好みの物を選んでもらった方が良いという心境になります。受け取る側にとっても、重い引き出物よりは

軽量でかさばらないカタログギフトの方が持ち帰るのに楽です。何より自分の欲しい物、必要としている物を選べるという利点があります。

一方、短所という点についても考えなくてはならないと思います。確かに上記に記したような利点はありますが、本一冊を贈ることによって気持ちが受け取る側に伝わるのかという疑問もあります。万が一、受け取り側にとっては不必要な物であったとしても、品物を送ることによって、贈り主の内面の優しさを感じとることができます。

賛否両論はあると思いますが、現代的なカタログギフトは少し無機質な要素もあり、昔ながらの品物を贈るという行為は心の温かさを感じますが、受け取る側にとっては不必要になってしまう可能性もあります。

ただ、現実はカタログギフトが増加していることは否定できない事実でもあります。

WHAT'S NEW

2018/02/01
便利なカタログギフトで気を付けたい点を更新しました。
2018/02/01
カタログギフトの選び方を更新しました。
2018/02/01
カタログギフトはどこで買う?を更新しました。
2018/02/01
引き出物はカタログギフトが主流を更新しました。