便利なカタログギフトで気を付けたい点

カタログギフトの良い点悪い点

プレゼントやお祝いのお返しなどで、何をあげてよいか困ることがあると思います。相手の趣味がわからない、自分の好みを押し付けても迷惑になりがちです。そのため最近ではプレゼント、とくに内祝でカタログギフトが活躍しています。
カタログギフトは多種多様な商品があります。食べ物や温泉、食器やカバンなど自分好みのものを選ぶことができます。送る側送られる側どちらも満足することができます。中にはカタログギフトの冊子自体がアルバムの様になっており、注文したあとでも冊子を他の形として使えるものもあります。また、値段もある程度決まっているので内祝は半返しが多いので決めやすいという利点があります。
しかし、逆にもらって困るというときもあります。これはネットで買い物したときとも共通しますが、想像とは違うものが届いたというケースが多くあります。思っていた以上に安っぽかったという経験がある人もいるでしょう。そして、「またカタログギフトか」という残念感をおぼえることもあります。ひどいときには何冊もたまることすらあります。たまにはカタログギフトではなく、ものでもいいのにと贅沢ですが感じることも少なくないでしょう。良い面があれば悪い面もあります。上手に使うことが大切です。

カタログギフトの注意すること

昨今では、結婚式などのお祝い返しなど幅広く使われているのが、カタログギフトです。もらった側は、選ぶ楽しさや、特定のものをもらうよりも、自分の好きなものを選んでもらえるメリットがございます。あげる側も、みんなが気に入るものを選ぶ苦労が省けて、老若男女、万人うけしていただけるものとして、よくカタログギフトは用いられます。ですが、一方でデメリットも存在いたします。
まず、もらう側でのデメリットは、ほしい商品があまりないという経験をしたことはないでしょうか?カタログを済から済まで、一生懸命見てみても、気に入るものがなく選べないなんてこと経験していると思います。考えすぎてしまって、結局期限に間に合わず貰い損ねたなんてこともよく耳にします。
あげる側のデメリットは、基本お返しに用いることが多いですので、1割や3割返しに合わせて、カタログギフトの金額を決めます。ですが、1万円の3割となると、三千円のカタログギフトとなります。しかし、1割返しであると千円のカタログギフトとなります。しかし、安いカタログギフトで満足してもらえるのか不安にもなります。
私が思う結論、満足いくカタログギフトは5000円以上のものを選ぶのが良いと思います。種類も豊富で、価値があるものが多く選ばれているためです。どうしても安いものであると、品物自体の質が落ちます。相手に喜んでもらうカタログギフトは5000円以上だとおもいます。

WHAT'S NEW

2018/02/01
便利なカタログギフトで気を付けたい点を更新しました。
2018/02/01
カタログギフトの選び方を更新しました。
2018/02/01
カタログギフトはどこで買う?を更新しました。
2018/02/01
引き出物はカタログギフトが主流を更新しました。