カタログギフトの選び方

想いを伝えるカタログギフト

贈り物を選ぶ際は、相手に喜んでいただきたい、長く使っていただけるもの、思い出になるものを等さまざまな思いを胸に選ばれていることでしょう。そこでカタログギフトを贈られる方も多いかと思います。相手が楽しそうに商品を選ぶ姿が目に浮かびますね。カタログギフトは、金額によっても商品内容に違いがあります。
ささやかな気持ちの物を贈れる低価格なものから、宿泊や温泉旅行も選べてしまう高価な物まで、多種多様に品揃えも増えてきています。お誕生日、結婚式の引き出物、内祝い等、贈る理由によってもその内容は、異なってくることでしょう。結婚式のように、多数の方に贈る場合は商品数や商品種類、バリエーションも豊富なカタログが喜ばれそうですね。
誕生日や内祝いなど、相手が限られた範囲の方であればその方の趣味や家族構成によってカタログギフトを選ぶのも喜ばれそうですね。小さなお子さんのいらっしゃる家庭などへは、おもちゃやキャラクターの商品が選べるものであったり、ご年配の相手であれば、飲み物や地方の特産物が選べるカタログも喜ばれることでしょう。
また、贈られた方が選ぶのですから、食べ物であっても好き嫌いやアレルギー等を気にせず贈れるといった点も良いですね。感謝の気持ちが伝わる素敵なカタログギフトをぜひ見つけてみてください。

カタログギフトの料金内容や選び方

カタログギフトは贈り主が予算内の本を選び贈られた側はその本を見て自分が欲しいものを選び申し込むと届くといったサービスのことで、一般的なギフトとは違い好きなものを選べるので贈り手の何を贈るといいのか?といった不安を解消することが出来、貰い手と贈り手の両方が満足のいくギフトとなっています。
最近では結婚式の引き出物や結婚や出産の内祝い、香典返しやお中元お歳暮などと多くのシーンで使われています。
カタログギフトに記載されている商品は基本的に定価が揃えています。また、料金の中にはシステム料が入るといった仕組みになっていて例えば4,600円のカタログギフトであれば600円がシステム料で商品は4,000円程度のものということになりますので選ぶ際はシステム料があることを忘れないようにしましょう。カタログギフトは物だけでなく旅行用やお肉やお酒などの食品や飲料用など様々な種類がありますので、贈る人がどんな人なのかを考え例えばお酒好きならお酒専用のカタログギフトにする相手のことを深く知らないのであればトータル的に記載されているカタログギフトにするといった選び方をするといいでしょう。
このようにカタログギフトは誰もが喜び貰って困らないギフトなので様々な場面で利用すると悩むことがなくていいでしょう。

WHAT'S NEW

2018/02/01
便利なカタログギフトで気を付けたい点を更新しました。
2018/02/01
カタログギフトの選び方を更新しました。
2018/02/01
カタログギフトはどこで買う?を更新しました。
2018/02/01
引き出物はカタログギフトが主流を更新しました。